コラボレーションとソーシャル

あなたの手元にはもうすでにたくさんのコンテンツや素材があります。さて、それでは何をしましょうか?Liferayはその次のステップとしてあなたの周りにある集合知を活用して生産的なディスカッションを行うことを可能にします。

ナレージベース

ナレッジベースはコラボレーション機能を活用して、コンテンツ作成にあたってチームの中心と周辺をつなぐ素晴らしい媒体となるものです。

ナレッジベースはWikiよりも構造化されたものですが、コンテンツ管理システムで行われるワークフローよりは気軽に使えるものです。

記事自体は管理者やサイトマネジャーによってい投稿される前提ですが、エンドユーザはどの記事が役に立ったか投票・コメントができます。

Wikis

重要な情報や興味深い情報をWikiに書き込んでいくことができます。LiferayのWikiは強力な機能をもち、スタンドアロンの製品に匹敵します。

各コミュニティは独自のWikiと権限セットをもちます。編集権限のあるユーザはこのオンライン百科事典にいつでもすぐに書き込むことができます。

掲示板

掲示板を利用して、部門内やチーム内のアイディアを共有し会話を促進させたり、ワークグループの暗黙知を引き出したりすることができます。

Liferayでは掲示板のアクティビティの統計表示や、最新の投稿の表示機能があります。ユーザはRSS経由でスレッドを読むことも、Eメールでスレッドに返信すること もできます。他のポートレットと同様に、掲示板も各ユーザに様々なレベルのアクセス権限を与えることができます。

  • Collabnet, the creators of SourceForge, used Liferay's Message Boards to build its Discussion Services functionality, part of CollabNet Enterprise Edition.

ブログ

Liferayのブログはコミュニティを重視したLiferayのメリットと最新のブログツールの機能を備えています。Webサイトやイントラネット、エクストラネッ ト、ソーシャルネットワーク上で、ユーザは情報を発信し、コミュニケーションを促進することができます。

ユーザフレンドリーなリッチテキストエディタ、 ソーシャルブックマークリンク、返信のEメール通知、投稿のレーティングなどの機能を備え、すべてのブログはRSS経由で購読することができます。ユーザ は日時を指定して投稿を配信することもできます。

不正使用レポート

Liferay Portalは、掲示板やブログや他ポータル内のページで、不適切なコンテンツに対してメンバやユーザがフラグを付けられる「不正使用レポート」のフレームワークを提供しています。開発者はカスタム開発中のアプリケーションで使用するために、関連するフレームワークを利用することもできます。

RSS

ポータル内の掲示板やブログからRSSフィードを購読することができます。

アクティビティトラッキング

Liferayのブログ、掲示板、Wiki、その他のツール上での最新のアクティビティを記録します。この情報はRecent Activityポートレットや、Facebook風のActivity Wallに表示されます。

  • 活動中のオープンソースコミュニティのためにLiferayがActivity Trackingを活用している事例の詳細はこちら

インスタントメッセージ

ポータルにログインしているすべてのユーザの名前がフレンドリストに自動的に表示されます。何か話しかけたいときにはインスタントメッセージを送ることができ ます。また、プロフィール画像や離席メッセージなど一般的なチャットの機能を使用することができます。チャットボックスはポータルの画面を切り替えても画 面下に表示され続けます。会話はファイアウォールの内側で安全に保護されています。

Eメール

ポータルから直接Eメールを送ることができます。AJAXベースのWebメールクライアントは、ユーザフレンドリーな洗練されたインタフェースをもち、多くのIMAPメールサーバと接続することができます。

共有カレンダー

タクリストも備えたコミュニティカレンダーで、ユーザはイベントを作成、管理、検索することができます。イベントはコミュニティ間で共有でき、イベントの リマインダーをEメールやインスタントメッセージ、SMSで通知することができます。マイクロフォーマットやカレンダー連携をサポートしており、 Web2.0の標準規格を介して、カレンダーやユーザ情報を転送することができます。

アナウンス & アラート

シンプルなお知らせやニュースレターなど、異なるユーザグループにメッセージを送ることができます。

ユーザはどのように受け取るかを設定することができま す。ポータル上のアラート、SMS、Eメール、またはポータル管理者によって設定された追加の配信の仕組みを利用することができます。

動的なデータリスト

ユーザはワークフローが有効なフォームとして公開されるカスタムリストを作成することができます。フォームは他のユーザとも共有され、RSVPやデータやタスクトラッキングやイシュー管理などの情報を取得することができます。

アンケート

複数選択のアンケートを作成し、投票経過を見ることができます。複数の別々のアンケートを間記すことができ、また、異なるポートレットで特定の投票結果を表示することができます。

ソーシャル・エクイティ

ソーシャル・エクイティはLiferay version 6 の新機能です。ユーザの貢献や参加度、アセットの情報価値などを評価して、ダイナミックなソーシャルキャピタルシステムを開発することを促進します。参加者はコミュニティで一定のアクティビティを実行することで一種の投資(エクイティ)を受け取ります。例えば、Wikiやブログなど何かを追加したり、レーティングやコメントをしたり、コンテンツを閲覧したりといったアクティビティがあります。

タグ & カテゴリ

Liferay PortalではブログエントリやWikiページや画像などどんなコンテンツにもタグ付けできます。管理者が定義したカテゴリを利用してタグ付けすることで、組織および検索の能力を高めるこことができます。