Combination View Flat View Tree View
Threads [ Previous | Next ]
toggle
Masayuki Sakaoka
Liferay 6 Community EditionのLGPLライセンスの扱いご確認
May 23, 2011 10:49 PM
Answer

Masayuki Sakaoka

Rank: New Member

Posts: 3

Join Date: May 23, 2011

Recent Posts

はじめまして。

Liferay 6 Community Editionの商用利用について検討しています。
LGPLライセンスの扱いについて確認させてください。

https://www.liferay.com/ja/community/wiki/-/wiki/1071674/日本語ドキュメント
の「Liferay6の概要_20110317.pdf」を拝見しました。
非常に内容の濃い資料なので感謝しています。

31ページ目「Liferayのカスタマイズ開発」にある記述、
「Liferay本体のソースコードを修正せず、Liferay内部の設定及びクラスなどを上書き(オーバライド)するファイル及びクラスを外部に作成する。
コミュニティ版を利用した場合でも、外部で開発した部分のソースコードは公開する必要はない。」
という内容について確認があります。

上記説明にある図の右側が「外部で開発した部分」にあたると思いますが、
これらオーバライドする各クラス(例えばext pluginのJava実装クラス)を開発する場合、
Liferay本体の実装クラスのソースコードをext pluginに複製後、修正、開発することが
考えられます。

この「本体ソースを複製して修正」が「本体改造」に該当、
つまり外部開発部分のソースコード公開、リバースレンジニアリング許可の必要が出てくるかどうかを知りたいです。

それとも、そもそも外部での開発に「本体ソースを複製」をせずに実装する方法がありますでしょうか。

よろしくお願いいたします。
Hitoshi Ozawa
RE: Liferay 6 Community EditionのLGPLライセンスの扱いご確認
May 24, 2011 5:15 PM
Answer

Hitoshi Ozawa

Rank: Liferay Legend

Posts: 7949

Join Date: March 23, 2010

Recent Posts

ライセンスに関する英語のページ(http://www.liferay.com/web/bryan.cheung/blog/-/blogs/liferay-adopting-the-lgpl-license)には以下のように記述があります。残念ながら、Ext Pluginの「Best Practices」が作成されていないので、詳細に付いてまだ曖昧なところはあります。

The powerful hooks mechanism introduced last year can be used to modify Liferay behavior without modifying the core. In fact, even Liferay’s EXT environment, which allows modification of the behavior of Liferay’s kernel, services, and UI, is now deployable as a plug-in, which in LGPL terms (as long as you follow best practices) will be considered a linked piece of software and therefore not subject to the reciprocity rules of the LGPL.
Shonosuke Kano
RE: Liferay 6 Community EditionのLGPLライセンスの扱いご確認
May 25, 2011 1:03 AM
Answer

Shonosuke Kano

Rank: New Member

Posts: 1

Join Date: March 10, 2010

Recent Posts

回答ではありませんが、ご質問を整理させてください。
Community Editionの商用利用ということですが、どのような利用形態をお考えでしょう?

オープンソースライセンスが問題になってくるのは、再配布する場合になります。
従って、例えば、あるエンドユーザのお客様にSI企業がソースコードを修正して導入したとしても、
そのお客様内だけで使用される場合は問題ありません。
ソースコードを修正したものを自社製品として販売しようとすると、ライセンスにひっかかっきます。

Liferay 6はLGPLですので、今、検討されている利用形態が、Liferay + 御社の製品(プラグイン)というように
「Liferayのプラグイン」を販売するのであれば問題ない可能性が高いですが、
「Liferay + プラグイン」を御社の製品として販売するとすると、問題になってくる可能性が高いと思います。
Masayuki Sakaoka
RE: Liferay 6 Community EditionのLGPLライセンスの扱いご確認
May 25, 2011 4:41 AM
Answer

Masayuki Sakaoka

Rank: New Member

Posts: 3

Join Date: May 23, 2011

Recent Posts

> Ozawaさん
ご回答ありがとうございます。
また、英語版Forumへの投稿およびご対応いただきありがとうございます。非常に助かります。
まずはcommunity mangerほかからの明快な見解がコメントされることを
期待しています。
Masayuki Sakaoka
RE: Liferay 6 Community EditionのLGPLライセンスの扱いご確認
May 25, 2011 4:43 AM
Answer

Masayuki Sakaoka

Rank: New Member

Posts: 3

Join Date: May 23, 2011

Recent Posts

> Kanoさん
利用形態はLiferay + 製品(Liferayプラグイン)というイメージです。
「再配布」ということになるでしょうか。
以下のような形態を考えています。

1.テーマ定義、Hook、ext plugin等のオーバライド前提での
機能追加、改修をかけた製品(Liferayプラグイン)を販売する。

2.導入先ユーザにはユーザの手によりLiferay 6 CE(以下、Liferay本体)を入手してもらう。

3.Liferay本体 + 製品(Liferayプラグイン)として導入する。


Liferay 6からの特徴として、
「Liferay本体を修正せずに機能を変更/追加できる
新インターフェース・アーキテクチャが提供されて」おり、
「ユーザプログラムとLiferay本体が完全に分離」
という構造であると認識しております。

このため、上記に挙げたような形態での利用が
できるのではないかという見解です。
上記形態を実現するにあたり、初回投稿で挙げている内容を
明らかにするため、投稿させていただきました。